Skip to main content
  • Service

電気・電子機器向け有害物質排出測定試験

電気・電子機器が排出する揮発性有機化学物質(VOC)や粒子などの有害物質を各種規制、ガイドラインに沿って測定します。

化学分析試験を行うエンジニア

電気・電子機器は、動作中の機器内部温度の上昇に伴い、揮発性有機化学物質(VOC)や粒子などの有害物質を室内空気中に放散する可能性があります。

トナーやインクを使用するプリンター製品、機器内部が高温になるプロジェクター製品や照明器具、同じ室内で多数の製品が同時に使用されるパソコン・タブレット製品などは特にその懸念が高いと考えられており、工業会や第三者認証機関が各製品に対応した試験方法と基準値を規定しています。

有害物質排出測定試験サービス

有害物質排出測定試験用チャンバー施設

製品の大きさに応じたチャンバーを使用することで、放散ガスを正確に定量します。

有害物質排出測定試験用チャンバー 2㎥チャンバー 6㎥チャンバー
85Lチャンバー 2㎥チャンバー 6㎥チャンバー

対象となる主要製品分野

  • プリンター
  • 電気・電子機器
  • パソコン・タブレット・モニター・テレビ・DVDプレイヤー
  • 照明器具
  • 自動車部品
  • 3Dプリンタ
  • 電池
  • 空気清浄機

関連カタログ

化学分析試験・評価

各種懸念化学物質の分析試験・評価をご希望の場合はこちら

海外環境規制調査対応アドバイザリー

海外環境規制への対応サポートをご希望の場合はこちら

ご質問・ご相談がありましたら、「お問合せ」フォームよりお気軽にご連絡ください。