Skip to main content
  • Service

GREENGUARD認証(グリーンガード)サービス

シックハウス、シックスクール、シックカー症候群の原因として注目される室内空気環境を守るための認証に関する試験を提供します。

環境に配慮したオフィス

Indoor Air Quality と呼ばれる室内空気質は、一般住宅やオフィス、学校、車の中など、私たちが普段過ごしている室内の空気環境の質のことです。目に見えなくても、私たちが体の中に一番多く取り入れているもので、食べ物や水と同じように健康に影響を与えます。

近年では、シックハウス、シックスクールおよびシックカー症候群の原因として注目されています。ULでは、その大切な室内空気環境を守るGREENGUARD認証を提供しています。

室内空気質(Indoor Air Quality)の重要性

  • 人は90%の時間を室内で過ごす
  • 室内の空気汚染は屋外の2~10倍
  • 最大の汚染源は家具や建材などからの化学物質
  • 人体への汚染経路の70%は呼吸

GREENGUARD認証とは

  • GREENGUARD Environmental Institute(GEI)によって始められた、室内空気環境(IAQ)の第三者認証
  • GREENGUARDは、世界で最も厳しい基準を持つ揮発性有機化合物(VOC)の排出測定試験に基づいた認証
  • 現在36の製品分野で1,000の工場、56,000を超える製品を認証 (2020年7月時点)

GREENGUARD認証が対応している主要な認証
プログラム

『環境に優しい建物』を意味するグリーン・ビルディングに対する取組みが世界中で推進されており、建物の環境配慮設計は世界的コンセンサスになりつつあります。特にグリーン・ビルディング認証の1つである Leadership in Energy and Environmental Design (LEED) は世界各国で普及しており、日本国内でも近年申請・取得件数が急増しています。また、これに加えて、人々の心身の健康に焦点を合わせた WELL認証 も注目されています。

ここで紹介するGREENGUARD認証は、世界で最も厳しい低VOC放散製品の基準として広く認められており、認証取得した家具製品はLEEDのポイント加算対象として有効です。GREENGUARD Gold認証を取得した建材・家具製品はLEEDとWELLの両方に対してポイント加算対象となる要件を満たします。 なお、LEED、WELLのみならず、世界中の350以上の環境認証プログラムが、室内空気質に関してはGREENGUARD認証を認めており、US EPAが規定する米国連邦政府のグリーン調達基準を満たす製品としても認められます。

GREENGUARD認証が対応している主要な認証プログラムの例

GREENGUARD認証の受けられる主要な製品分野

家具、 建材、 床材、 壁材、 断熱材、 塗料、 電気製品、 プリンター、 照明、 繊維・織物、 接着剤、 3Dプリンター、 清掃用品およびメンテナンス用品、 呼吸ガス経路のある医療機器

GREENGUARD認証プログラム(主要項目)

 

Certified

Gold

マーク GREENGUARD認証 GREENGUARD認証
総VOCの上限 500ug/㎥ 220ug/㎥
個々のVOCの上限 1/10 TLV 1/100 TLV and 1/2 CRELS
ホルムアルデヒドの上限 0.05 ppm 0.0073 ppm
総アルデヒドの上限 0.1 ppm 0.043 ppm

GREENGUARD認証フロー

提案

申請製品群のヒアリングと費用・期間見積もり

予備試験

24時間試験(サンプル片にて実施)

工場書類監査

製造工程確認

認証試験

168時間(7日間)試験

認証

製品群の認証

更新

1年毎の継続認証試験

GREENGUARD認証と建材・家具向けVOC放散試験サービス

関連カタログ

化学分析試験・評価

各種懸念化学物質の分析試験・評価をご希望の場合はこちら

海外環境規制調査対応アドバイザリー

海外環境規制への対応サポートをご希望の場合はこちら

ご質問・ご相談がありましたら、「お問合せ」フォームよりお気軽にご連絡ください。