Skip to main content
  • Service

3Dプリンタ向け有害物質排出測定試験(3Dプリンタ)

3Dプリンタ稼働時に放散する揮発性有機化合物(VOC)や超微粒子の測定・分析を受託します。

3Dプリンターを確認するエンジニア

3Dプリンティングは今や多種多様な分野で使用され、モノづくりの新たなツールとしての地位を確立しつつあります。

その一方で、3Dプリンタは揮発性有機化合物(VOC)や超微粒子を放散し、室内空気質の汚染源となり得る可能性も指摘されています。

UL規格に基づく3Dプリンタ向け有害物質排出測定試験

3Dプリンタ向け放散試験・評価方法の規格、UL 2904(Standard Method for Testing and Assessing Particle and Chemical Emissions from 3D Printers)に基づき試験を実施します。

試験の流れ

   

0日目

  • チャンバー洗浄
  • 3Dプリンタ、フィラメントの開梱
  • 3Dプリンタ動作確認

1日目
(測定前日)

  • チャンバーブランク (Empty Background) の測定
  • 3Dプリンタ、フィラメントのチャンバー投入
  • 3Dプリンタ電源ON

2日目
(測定日)

  • 待機状態 (Loaded Background) の測定
  • 印刷状態 (Printing Phase) の測定
  • 印刷終了

分析項目

分析項目

揮発性有機化合物 (VOC)
アルデヒド類

微粒子・超微粒子
(FP・UFP)

PM 2.5 / PM 10

CO、CO2

O3

UL規格の
試験要求
- (任意) - (任意) - (任意)
捕集方法 Tenax・DNPH 連続モニター
(FMPS/CPC)
連続モニター
(DustTrak)
バッグ
(気体捕集)
連続モニター
(O3 濃度計)
分析方法 GC-MS、HPLC 連続モニター
(FMPS/CPC)
連続モニター
(DustTrak)
GC-BID 連続モニター
(O3 濃度計)

有害物質排出測定試験用チャンバー施設

3Dプリンタ製品の大きさに応じたチャンバーを使用することで、放散ガスを正確に定量します。

2㎥チャンバー

2㎥チャンバー

6㎥チャンバー

6㎥チャンバー

測定結果の評価

測定結果は、OSHA PELs(米国労働環境の基準)、CHPS(米国教育施設の基準)やCalifornia Proposition 65などのばく露基準値と比較・評価することが可能です。

関連カタログ

化学分析試験・評価

各種懸念化学物質の分析試験・評価をご希望の場合はこちら

海外環境規制調査対応アドバイザリー

海外環境規制への対応サポートをご希望の場合はこちら